nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

元気をもらう…

歩くと腰が痛いため、この日も一ヵ所にカメラを据えたまま。やって来た鳥たちが元気いっぱい飛び回ったり、枝に止まったり…。この時だけは、元気をもらった気分になる。「楽しき哉、鳥撮り余生」がまだ続くようにと祈りながら…
①シメ1

②メボソムシクイa1

③スズメ1

④キジバト2
  1. 2009/05/05(火) 00:07:53|
  2. 野鳥

チュン、チュン、主役は俺だ…

腰が痛くて歩くこともままならぬ身には、スズメが羨ましい。「雀百まで踊(おど)り忘れず」という。死ぬまでよく動くからだ。そのスズメが本日の主役かあるいは脇役か…。
①改シメ&スズメa3

②シメ・バトル1

③イカル&シメ5

④イカル&コジュケイ1

⑤スズメ1
  1. 2009/05/03(日) 22:45:18|
  2. 野鳥

頭が膨らむアオジです…

アオジの写真は数多く撮ってきましたが、瞬間的に頭が膨らむのは初めて(2枚目)。ごく普通のアオジ(1枚目)から、時間にすると32秒後の出来事。近くに猛禽類はいません。直ぐに普通のアオジに戻りましたが…。
①アオジ2

②アオジ4
  1. 2009/04/13(月) 23:59:46|
  2. 野鳥

シロハラです…

頭が膨らむアオジを撮ったあと、シラハラにカメラを向け、頭が膨らむのを期待したのですが、淡い期待…。それどころか、このシロハラの前に、普通のアオジがいたのですが、ピンが合わなくて…。
③シロハラ1

④シロハラ2
  1. 2009/04/13(月) 23:55:47|
  2. 野鳥

日本固有のアオゲラです…

桜にアオゲラだから、日本固有ではありません。英名だとJapanese Green Woodpeckerといい、屋久島と本州の平地・低山地に繁殖。ただし北海道には分布していないとか。
①アオゲラ桜a2大

②アオゲラ桜a1

  1. 2009/04/05(日) 20:36:49|
  2. 野鳥

財布が始終カラ…

ボケが進んで、この鳥の名前を忘れると、、わが財布を思い出し、「始終カラ」と口に出す。畑の害虫を食べてくれる益鳥で、千葉では「四十雀を捕ると飯櫃がしじゅう空になる」というそうな。そんな鳥がキツツキが開けた巣穴から顔を出した。
①シジュウガラ桜3
  1. 2009/04/03(金) 22:29:00|
  2. 野鳥

寒さ太りのトビとスズメ…

腰が痛くて、東京周辺以外に行けなくなり、最後の鳥撮りの旅と覚悟して出かけた冬の北海道(3月9日掲載)で撮った画像を改めて見直したら、凍てつく北の大地に負けまいと「寒さ太り」のトビとスズメが元気よく枝に止まっていた。ともに普段よく見かけるが、当ブログには初登場…。
トビ4

スズメ1
  1. 2009/03/29(日) 21:35:13|
  2. 野鳥

つがいのモズ、只今、恋の季節です…

天高く晴れ渡った秋空に、オスもメスもけたたましく鳴き、縄張りを宣言するモズは、冬になると声をおさめてほとんど鳴かないという。そして春、縄張りを解いて、オスとメスが急接近。つがいになると、メスがささやき出し、子供のように甘えるので、オスがせっせと餌を運ぶ。
①モズa6

②モズa2

  1. 2009/03/29(日) 00:00:36|
  2. 野鳥

枝垂桜にイカルが…

枝が垂れ下がっている枝垂桜(シダレザクラ)は、エドヒガンザクラの変種とか。咲きはじめたのは一週間前。さっそくイカルが桜見物にやって来た。満開時に撮り直そうと思っていたら、予期せぬ花冷えが続いて…。
②イカル桜②17

①イカル桜②21
  1. 2009/03/27(金) 23:51:02|
  2. 野鳥

桃の花にメジロが…

花の蜜が大好きなメジロにとって、梅から桜へと次々に咲く春は最高だ。花が似合う野鳥である。鹿児島地方では、はなすい、はなつゆなどとかわいく呼ばれるとか。
①メジロ桃6

②メジロ桃2

③メジロ桃7
  1. 2009/03/18(水) 18:32:36|
  2. 野鳥

黄色と緋色のレンジャクです…

尾羽の先が黄色のキレンジャク(20cm)と緋色のヒレンジャク(18cm)。全国的な渡来数はヒレンジャクが多いそうだ。好物はヤドリギの実で、食べると粘着性のある糞とともに種子が運ばれる。うまそうに見えるが、苦味があり、粘着力も強くて、レンジャク以外は食べないという。
キレンジャク(上)
①レンジャク4
ヒレンジャク
レンジャク改a1
  1. 2009/03/11(水) 03:29:47|
  2. 野鳥

最後の旅か、冬の北海道です…

腰が痛くて、東京周辺以外にはもう行けなくなったのに、車の運転から重い機材運びまで、すべて4の仲間にオンブにダッコ。感謝、感謝…。恐らく最後の鳥撮りの旅か。腰をさすりながら懸命にカメラを構えました。これが精いっぱいの成果です。
オオワシ
①オオワシ飛翔 3

②オオワシb10

③オオワシb11

オジロワシ
⑤オジロワシ阿寒3

⑥オジロワシ羅臼2
シマフクロウ
⑦シマフクロウ 7
タンチョウ
⑧タンチョウ2

  1. 2009/03/09(月) 20:24:39|
  2. 野鳥

高原の冬景色…

標高1200mを超す高原の冬景色。寒風を覚悟していたが、訪れた日は穏やか。樹木に雪はなく、空気が澄んでいるせいか、野鳥の色が美しく見える。それにしても地面が雪一色だと露出が難しい。まだまだ未熟なり…。
ウソ
①ウソ01
シメ
②シメ06
シメ
③シメ04
アトリ
④アトリ01
アトリ(左)エナガ
⑤アトリ04
カワラヒワ
⑥カワラヒワ01


  1. 2009/02/24(火) 11:42:32|
  2. 野鳥

アトリの枝止まりです

1月28日に地面を一斉に飛び立つアトリの大群をアップし、「この鳥は大群になり、山野に満ち溢れ、勢子のように飛び回る」と紹介した。しかし妻は「1羽でもいいから枝止まりが見たい」と言うので…。
①アトリ05

②アトリ08
  1. 2009/02/17(火) 18:32:45|
  2. 野鳥

オオマシコ

このオオマシコのほかに、マシコ(猿子)には、ベニマシコ、ハギマシコ、ギンザンマシコがいる。どの種もオスの羽色が紅色で、赤い顔のニホンザルにたとえられた。一方、メスの羽色は紅色が少なく、全体として褐色である(2枚目左下と4枚目左)
①オオマシコ②03別

②オオマシコ②01別

③オオマシコ①06

④オオマシコ①05別

⑤オオマシコ③03
右下はアトリ
  1. 2009/02/09(月) 20:07:57|
  2. 野鳥

ヒクイナ(緋水鶏)です…

全長29cmのクイナ(水鶏)より小さく同23cm。「叩く戸を水鶏と聞きしそれも恋」などと詠まれたのはヒクイナだそうだ。繁殖期になるとゆっくり「コッ、コッ」と鳴き出し、途中から「コ、コ、コ、コ」と速め、段々小声になって鳴き終わる。その声が「戸をたたく」と例えられたからだとか。4枚目はクイナ(参考写真/ストックから)
①ヒクイナ03


ヒクイナ07改


③ヒクイナ08

①クイナ
  1. 2009/02/03(火) 20:29:54|
  2. 野鳥

アトリの大群です…

「この鳥は大群になり、山野に満ち溢れ、勢子のように飛び回る。故に獦子鳥(アトリ)と名づける」と書いてある説明があった。そんなアトリが地面から一斉に飛び立つ場面(上の写真)と、枝に止まったところ(下の写真)
①アトリ01

②アトリ06
  1. 2009/01/28(水) 20:46:19|
  2. 野鳥

オオタカです。雌か雄か…。

本来は、鷹狩で活躍した雌がオオタカ。雄は雌より小さく、勢宇(せう)と呼ばれていた。漢字で大鷹と書き、種名になったのは、鷹狩で重んじられた雌のほう。ちなみに雌は体長56.5cm、雄は50cmである。
①オオタカ02


②オオタカ01
  1. 2009/01/25(日) 22:59:39|
  2. 野鳥

野生化したワカケホンシイコです…

もともとはインド、スリランカに分布していたが、世界各地でペットとして飼われて野生化。東京でもよく見かける。体長40cm。雄の成長には、喉から首にかけて黒帯があるとか(2枚目左側)
①ワカケホンセイインコ03

②ワカケホンセイインコ02
  1. 2009/01/25(日) 22:54:07|
  2. 野鳥

ツバキにメジロが…

眼のまわりが白いので目白と書くが、昔から繍眼児と書いていた。眼の周囲の白色部には白い絹糸のような質感の羽毛が生えているからで、その羽毛の生え方が刺繍をしたようなので、この字を書いたという。
①メジロ02

②メジロ01
  1. 2009/01/24(土) 01:37:20|
  2. 野鳥

シロハラです…

腹が白いから「白腹」。赤いと赤腹。同じ鶫(ツグミ)の仲間だ、他に黒鶫(クロツグミ)や虎鶫(トラツグミ)などがいる。これら鶫は「飛鳥」(ちょうま)という別称がある。二本脚で地面をピョンピヨンと跳ぶからだという。
③シロハラ01

④シロハラ07

⑤シロハラ06
  1. 2009/01/24(土) 01:28:55|
  2. 野鳥

アオジです…

叶内拓哉・阿部直哉の「鳥の名前」によると「アオジもクロジも姿がかわいらしいので、親愛の情を込め〈児〉とつけられたのだろう」という。写真のアオジも愛敬たっぷりだ。でも、なぜかアカジはいない。安心した。
⑥アオジ04

⑦アオジ01
  1. 2009/01/24(土) 01:23:54|
  2. 野鳥

トウネズミモチ&カナメモチに集まる鳥

11月下旬頃から食べられるトウネズミモチの木の実は、ヒヨドリの独り占で、9割はこの鳥が採食するという(1枚目の写真)。この木の近くに赤く熟するが、非常に堅くて、あまり鳥が食べないというカナメモチの木の実に、ツグミがやって来た(2枚目)。
ツグミ・ヒヨドリ③

ツグミ・ヒヨドリ④
  1. 2009/01/08(木) 20:48:06|
  2. 野鳥

マサキの実をたべるメジロ

マサキの実を好んで食べるというよりは、他に食べる木の実がなくなってきた1月頃に、しぶしぶ採食する程度だという(叶内拓哉著「野鳥と木の実」から)。その木の実にメジロがやって来た。
メジロ①

メジロ②

  1. 2009/01/08(木) 20:27:29|
  2. 野鳥

イカルです…

奈良県の斑鳩(いかるが)に住む鳥が名前の謂れだと思っていたが、それは間違い。漢名の斑鳩はハト類のこと。イカルは桑鳲と書く。鳴き声のキーコーキーがイーカールーと聴こえることから…。
①イカル01

②イカル11

  1. 2008/12/29(月) 21:59:04|
  2. 野鳥

カワアイサです…

カワアイサがやって来た。ガンカモ科アイサ類で、日本には大きい順にカワアイサ65cm、ウミアイサ55cm、ミコアイサ42cmの3種類のアイサ類がいる。漢字では「秋沙」だが、一説には「晩秋に渡来し越冬するから、秋去り鴨の意味」ともいう。

①カワアイサ04

②カワアイサ01
  1. 2008/12/24(水) 19:49:14|
  2. 野鳥

またまたモズです…

モズは全長20cm。くちばしがタカのようにカギ型をしており、小鳥を捕らえたりする。この鳥がいると、他の小鳥たちが逃げてしまうという。秋には声高らかに縄張宣言。春は恋のささやき。しかし、冬になるとほとんど鳴かないそうで、気がつきにくい。
①<br />モズ

モズ②
  1. 2008/12/21(日) 23:24:42|
  2. 野鳥

またまたノスリです

タカの仲間だが、鷹狩に使えないので、「まぐそたか」とも呼ばれるとか。しかし、じっと見ていると優しげな雰囲気があり、獰猛な感じはしない。
①ノスリ01

②ノスリ08

③ノスリ05

④砧公園08
  1. 2008/12/21(日) 01:24:51|
  2. 野鳥

アカハラです…

大形ツグミ類には、ツグミのほかに、クロツグミやトラツグミ、腹が赤いアカハラなどがいる。見ていると、多くが林床の落ち葉をかき分けて、ミミズなどを食べていた。このアカハラも然り…
①アカハラ04

③アカハラ03
  1. 2008/12/18(木) 23:12:42|
  2. 野鳥

ノスリの水浴び…

空を舞う、あるいは枝に止まるノスリの姿は、これまで何度か見させてもらったが、水浴びをしている場面に遭遇したのは初めて。カラスの行水とはいかず、約13分、水に入ったり、出たり…。たっぷり堪能できた。
①ノスリ水浴び09

②ノスリ水浴び11

③ノスリ水浴び15

④ノスリ水浴び22
  1. 2008/12/17(水) 00:34:58|
  2. 野鳥
前のページ 次のページ

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。