nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アトリの大群です…

「この鳥は大群になり、山野に満ち溢れ、勢子のように飛び回る。故に獦子鳥(アトリ)と名づける」と書いてある説明があった。そんなアトリが地面から一斉に飛び立つ場面(上の写真)と、枝に止まったところ(下の写真)
①アトリ01

②アトリ06
スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 20:46:19|
  2. 野鳥

オオタカです。雌か雄か…。

本来は、鷹狩で活躍した雌がオオタカ。雄は雌より小さく、勢宇(せう)と呼ばれていた。漢字で大鷹と書き、種名になったのは、鷹狩で重んじられた雌のほう。ちなみに雌は体長56.5cm、雄は50cmである。
①オオタカ02


②オオタカ01
  1. 2009/01/25(日) 22:59:39|
  2. 野鳥

野生化したワカケホンシイコです…

もともとはインド、スリランカに分布していたが、世界各地でペットとして飼われて野生化。東京でもよく見かける。体長40cm。雄の成長には、喉から首にかけて黒帯があるとか(2枚目左側)
①ワカケホンセイインコ03

②ワカケホンセイインコ02
  1. 2009/01/25(日) 22:54:07|
  2. 野鳥

ツバキにメジロが…

眼のまわりが白いので目白と書くが、昔から繍眼児と書いていた。眼の周囲の白色部には白い絹糸のような質感の羽毛が生えているからで、その羽毛の生え方が刺繍をしたようなので、この字を書いたという。
①メジロ02

②メジロ01
  1. 2009/01/24(土) 01:37:20|
  2. 野鳥

シロハラです…

腹が白いから「白腹」。赤いと赤腹。同じ鶫(ツグミ)の仲間だ、他に黒鶫(クロツグミ)や虎鶫(トラツグミ)などがいる。これら鶫は「飛鳥」(ちょうま)という別称がある。二本脚で地面をピョンピヨンと跳ぶからだという。
③シロハラ01

④シロハラ07

⑤シロハラ06
  1. 2009/01/24(土) 01:28:55|
  2. 野鳥

アオジです…

叶内拓哉・阿部直哉の「鳥の名前」によると「アオジもクロジも姿がかわいらしいので、親愛の情を込め〈児〉とつけられたのだろう」という。写真のアオジも愛敬たっぷりだ。でも、なぜかアカジはいない。安心した。
⑥アオジ04

⑦アオジ01
  1. 2009/01/24(土) 01:23:54|
  2. 野鳥

トウネズミモチ&カナメモチに集まる鳥

11月下旬頃から食べられるトウネズミモチの木の実は、ヒヨドリの独り占で、9割はこの鳥が採食するという(1枚目の写真)。この木の近くに赤く熟するが、非常に堅くて、あまり鳥が食べないというカナメモチの木の実に、ツグミがやって来た(2枚目)。
ツグミ・ヒヨドリ③

ツグミ・ヒヨドリ④
  1. 2009/01/08(木) 20:48:06|
  2. 野鳥

マサキの実をたべるメジロ

マサキの実を好んで食べるというよりは、他に食べる木の実がなくなってきた1月頃に、しぶしぶ採食する程度だという(叶内拓哉著「野鳥と木の実」から)。その木の実にメジロがやって来た。
メジロ①

メジロ②

  1. 2009/01/08(木) 20:27:29|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。