nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妻の日本刺繍(完成品)

今年3月20日に載せた妻の日本刺繍「鳳凰」(3枚目)は、これで1つの作品かと思いきや…。次のための試作品でした。これを参考に4ヶ月以上、ほぼ夜なべして製作したのが蛇腹の「鳳凰」(166×135cm)。1枚目は左側から、2枚目は右側から見たもの。左側からだと「鳳凰」の中に卵が5個ある。試作品より1.8倍大きい。(手工芸品だけの「アートの光彩」“THE創”展で/銀座アートホール)。
①敦子刺繍完成品02右

②敦子刺繍完成品03左

③敦子刺繍改


スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 00:24:09|
  2. 日本刺繍

キビタキ三昧…

気象用語に新たに猛暑日が加わったのは昨年4月。1日の最高気温が35度以上の日をいう。従来は25度以上の夏日と、30度以上の真夏日しかなかった。これでは足りないらしい。脳梗塞予防で1日2000㍑の水を飲む身には、猛暑日が苦手。外に出たい時は、標高の高い所へ行くしかない。ここでは、涼しさ漂う中をキビタキがしきりに現れた。
①キビタキ13・

②キビタキ11・

③キビタキ09・

  1. 2008/07/19(土) 15:28:27|
  2. 野鳥

続! ビタキ三昧…

最初の3枚は連続写真。水場の上と下にそれぞれ♂がいたので(1枚目)、慌てて絞り上げ、ISOも上げてシャッターを切った瞬間、下にいた♂が上の♂を飛び越えて(2枚目)視界から消え、飛び越えられた♂がビックリ仰天…(3枚目)。残る1枚は、♂とメジロです。
④キビタキ02・

⑤キビタキ03・

⑥キビタキ04・

⑦キビタキ07・




  1. 2008/07/19(土) 15:25:48|
  2. 野鳥

オオルリの若鳥です

よく出てくるキビタキに比べ、いつも現れるオオルリ♂が出てこない。来ても水浴びをする程度。なかなか枝に止まってくれない。代りに♂の若鳥が顔を出し、メジロとご対面(2枚目)。
①オオルリ02

②オオルリ03

  1. 2008/07/19(土) 15:17:58|
  2. 野鳥

ノスリが悠々とホバリング

キビタキやオオルリへ行く前に、さらに標高のある高原へ。ここではノスリが1羽、あたりを睥睨するかのように、悠々とホバリングを繰り返していた。ここではノビタキが遊んでおり、ビンズイなども顔を出すのだが、ノスリがそれらを捕まるところは目撃できなかった。
①ノスリ08・

②ノスリ12・



  1. 2008/07/19(土) 15:14:10|
  2. 野鳥

ノビタキ-今年はさっぱり…

昨年も同じ時期に、この高原に来た。その時はいたる所にノビタキがいたのに、今年はさっぱり…。ようやく現れても、ご覧のように、遠い所で枝止まり。デジスコの世界だ。でも、空気はひんやりとして、体は元気溌剌、体にはいい。
①ノビタキ02

②ノビタキ04

  1. 2008/07/19(土) 14:51:22|
  2. 野鳥

この初々しさ…

夜更かしの末、見事な計画を立てながら、いざ当日になると、眠くて何もできないことを「梟の宵だくみ」と言うそうな。うとうと顔の昼間のフクロウからは、いろいろ思案をめぐらす「知恵の鳥」の賢さは感じられない。とりわけ巣立ち直後の雛は、つぶらな瞳がとても初々しい。6月初めの在庫から
①フクロウ04●

②フクロウ06

③フクロウ07
  1. 2008/07/06(日) 13:24:15|
  2. 野鳥

草原の野鳥-キマユツメナガセキレイ

ツメナガセキレイの亜種には、ツメナガセキレイの6文字の前に、①キマユ②マミジロ③キタ④シベリアの名が付き、計4種ある。写真は①のキマユが付く。北海道の草原で繁殖。全長17cm。
エゾノシシウドの上で
①-1キマユツメナガセキレイ②03

コバイケイソウの上で
①-2キマユツメナガセキレイ①04

①-3キマユツメナガセキレイ①07
  1. 2008/07/02(水) 00:06:50|
  2. 野鳥

初夏-北海道の野鳥たち

ベニマシコ
②ベニマシコ04

ノビタキ♀
③-1ノビタキ♀06・

ノゴマ
④-1ノゴマ③06

オオジュリン
⑤-2オオジュリン②06

マキノセンニュウ
⑥マキノセンニュウ02

ハクセキレイ夏羽
⑦ハクセキレイ夏羽01

ヒバリ
⑧ヒバリ01

ニュウナイスズメ
⑨ニュウナイスズメ05


  1. 2008/07/01(火) 23:47:05|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。