nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆光ですが、様になるかな…

全長140cmのオオハクチョウは、体重が10㌔近くもあるので、着水するときは14.5cmもある大きな水掻きを出し、これでブレーキをかけるのだが、氷の上ではブレーキが効きぬくい。水際まで滑って、ようやく止まった。
オオハクチョウ①

オオハクチョウ②

オオハクチョウ③

オオハクチョウ④
スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 00:06:25|
  2. 野鳥

セグロカモメです

次項のユリカモメは全長40cm。それよりセグロカモメは20cm大きい。冬の港町で、真っ青な空をバックに飛ぶ姿は実に美しいが、風が強い上に、もともと足もとがふらつく私には、三脚なしの手持ちで撮ると、これが精いっぱい。
セグロカモメ

セグロカモメa

セグロカモメb
  1. 2008/01/30(水) 00:00:55|
  2. 野鳥

写真は難しい…

2年ぶりに東京に雪が積もったこの日、降りしきる雪の中をユリカモメが元気よく飛んでいた。ところが、降る雪にピントを撮られたり、空抜けの場合、降る雪と空が同色になったり…。まだまだ未熟。写真は難しい。
ユリカモメ①

ユリカモメ②

  1. 2008/01/23(水) 23:41:25|
  2. 野鳥

鹿児島出水「ツル紀行」

ナベヅルやマナヅルなどが飛来し、越冬する鹿児島県出水市を訪れた。その数1万2000羽。日の出や夕焼け空を飛ぶツルの姿は美しく、神秘的ですらある。青空をバックに飛ぶ姿も壮観で、一幅の画を見るが思い。2羽か3羽しかいないというクロヅルやカナダヅルも見ることができた。
日の出の太陽の中へ
①ツル日の出

太陽の中に入ると姿がぼやける
②ツル日の出

太陽の斜め下を
③ツル日の出

夕焼け空の中を
④ツル夕日

マナヅル 127cm
⑤マナズル飛翔

ナベヅル 96.5cm
⑥ナベヅル飛翔

何かに驚いて一斉に飛び立つ
⑦群舞

左からナベヅル、クロヅル(114cm)と、その間に生まれた子ども。
⑧クロ・ナベ・雑種

カナダヅル 95cm
⑨カナダヅル
  1. 2008/01/20(日) 19:53:04|
  2. 野鳥

何度挑戦しても…カラフトムシクイ

腕が未熟で、視力が弱い自分には、瞬時に動くカラフトムシクイはなかなか撮れない。撮れなければそれだけ意地になる。未熟者の悲しい性(さが)だ。寒気が押し寄せる中、何度か挑戦して、ようやくここまで。しかし出来は、やはり未熟者か…。
カラフトムシクイC

カラフトムシクイB

カラフトムシクイA

  1. 2008/01/14(月) 17:08:10|
  2. 野鳥

やっと撮れたカラフトムシクイ

稀な旅鳥だそうだが、そのせいなのか撮るのが難しい。枝に止まるのは瞬時。素早く上下左右に動く。非常にせわしない。腕が未熟で、視力が衰えた私には、ここまで撮るのがやっと…。全長10cm。ウグイスの仲間である。
カラフトムシクイ①
  1. 2008/01/11(金) 22:12:25|
  2. 野鳥

ウグイスや…

「うぐいすや一寸鳴いてみ隠れてみ」(藤森かずお)という句がある。いつも藪の中にいてなかなか姿を見せないが、この日、有り難いことに姿を現した。これが春の梅なら…。欲を言えば切がない。全長14~16cm。
ウグイス①

ウグイス③
  1. 2008/01/11(金) 22:06:52|
  2. 野鳥

  1. 2008/01/11(金) 22:00:38|
  2. 野鳥

健気な柄長

群れで行動するエナガは、オスの1羽が繁殖に失敗すると、群れの中の別の巣へ育雛(いくすう)の手伝いに行き、ヘルパー役になることがあるそうだ。健気である。全長14cmのうち8cmは尾。柄杓の柄を長くしたような形から「柄長」という。
エナガ①

エナガ②

エナガ③
  1. 2008/01/09(水) 18:46:36|
  2. 野鳥

ゴジュウガラは別名木ねずみ

木を登ったり、下りたりし、周囲を回りながら、昆虫を捕食することから、「木まわり」「木ねずみ」と言われてきたそうな。また、木を下向きに下りること出来る唯一の鳥から「さかほこ」とも呼ばれるとか。
ゴジュウガラ⑦

ゴジュウガラ⑧

ゴジュウガラ⑨
  1. 2008/01/09(水) 18:41:18|
  2. 野鳥

ウソのオスが鳴けば晴れる

オスは喉が赤く美しいので「てりうそ(照鷽)」、メスは地味なので「あめうそ(雨鷽)」と呼ばれたそうな。両方合わせて「てりふりどり」とも言われ、オスが鳴けば晴、メスが鳴けば雨という俗説が生まれたとか。写真はいずれもオス。
ウソ④

ウソ⑤

ウソ⑥

  1. 2008/01/09(水) 18:30:40|
  2. 野鳥

暖かい陽気の中で…

正月三が日を過ぎて暖かな陽気となったこの日、都内の公園では、冬の淡い日を受けて様々な鳥に出会った。歳を重ねると、暖冬のほうが助かるが、鳥たちはどうか。
コサメビタキ
コサメビタキ①

コサメビタキ
コサメビタキ②

アオゲラ
アオゲラ

ウグイス
ウグイス

キクイタダキ
キクイタダキ
  1. 2008/01/04(金) 23:03:15|
  2. 野鳥

初撮りの夢「大判小判がザックザック」

昨年の撮り納めは、一万円冊に描かれているキジだったので、「年末ジャンボが当たるかも」と小躍りしたが、妻に「宝くじなんて買ってないわ」…。今年の初撮りは、川面が小金色に輝いていたので、わが家のポチが「きっとそこ掘れワンワンと吠えぞ」と期待したが、妻は「それはお伽噺の話でしょう」だって…。
初撮り①

初撮り②

20080103222056.jpg" alt="初撮り③" border="0" />

  1. 2008/01/03(木) 22:30:29|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。