nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年ご挨拶

新年ご挨拶
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 23:45:12|
  2. 野鳥

年末ジャンボが当たる?!

思いがけずにキジが番(つがい)で現れて「よし! 年末ジャンボが当たるぞ」と小躍り。なにしろ1万円冊に描かれているのだ。家に帰って妻に言ったら「そんなの買ってないわよ」だって…。国鳥であるキジは狩猟鳥である。世界中で国鳥を狩猟対象にしているのは日本だけだそうだ。
キジ♂a

キジ♂b

キジ♂c

メス
キジ♀d
  1. 2007/12/24(月) 22:57:21|
  2. 野鳥

アオジの呼び方

アオジは漢字だと「青鵐」「蒿雀」と書き、地方によっては単に「あお」とか、あるいは「あおすずめ」「あおひばり」などと呼ばれており、多くは「あお」が付くようだが、アイヌの人々は「ポン・ムルルン・カムイ(小さい草むらの中の神)」と呼んでいたという。
アオジ①

アオジ②
  1. 2007/12/19(水) 22:40:47|
  2. 野鳥

赤い実にアカハラが…

今日は赤い実にアカハラが来た。名前の通り、脇が赤味の強いオレンジ色。キョロンキョロン、チリリとさえずるそうだが、声も出さずに来た。よく地面をはね歩きながら、ミミズを引っ張り出して食べている姿を見るが、ピラカンスの実の味はどうかな?
アカハラ①

アカハラ④

新アカハラ

  1. 2007/12/17(月) 23:30:01|
  2. 野鳥

赤い実にモズが…

寒ければ寒いほど実が赤くなる。風も強い。枝も揺れる。そんな中をモズがしっかり枝に止まって実をついばむ。ほかの木の実が無くなってしまった、これからがピラカンスに鳥がやって来る。
モズ改02

モズ改03

モズ改01


  1. 2007/12/16(日) 20:36:59|
  2. 野鳥

水を飲みに来る鳥たち

地球の表面の3分の1は水に覆われているが、その97%が海水で、残り3%が水。その3%の水も、地下深くに潜む伏流水や地下水などの使用不可能な水を除くと、実際に使える水は全体の0.0001%。一方、人間の体の60%は水でできている。このため、人は絶えず水を摂取し、排泄し、循環させながら生きている。野鳥も同じ。しきりに水を求める。
水を飲むオナガ
オナガ③

水場近くで待機するオナガ
オナガ①

まず実がなるバラの木に寄って(シロハラ)
シロハラ⑤

次に水場へ(シロハラ)
シロハラ⑥

シメ(左)とツグミが仲良よく水飲み
シメ
  1. 2007/12/16(日) 00:18:06|
  2. 野鳥

ミサゴ? ノスリです

アオサギが捕まえた獲物(コイ)が大きすぎて、くわえ直そうと地べたの置いた瞬間、その隙を狙って視界の外にいたノスリが急接近、アオサギを追い払って獲物を奪ったのです。でも重すぎて運べない。仕方なくその場で食べてしまったのです。

ノスリ4

ノスリ1

ノスリ2

ノスリ3

  1. 2007/12/14(金) 20:59:34|
  2. 野鳥

台湾「鳥撮り紀行」

台湾を旅した。台湾島と、そこから飛行機で約1時間、中国大陸とわずか数キロしか離れていない金門島である。金門島は私たちの世代では、戦後あった中国との砲撃戦を思い出す。現地では約70万発の砲弾が打ち込まれたと聞いた。いまは野鳥の宝庫として訪れる愛鳥家や、風物を楽しむ観光客が多く、のどかな風景が広がっていた。カメラに収めた写真は台湾島と合わせて約40種類。その中から数点を…。
ベニサンショウクイ 18cm サンショウクイ科(赤が♂・黄が♀)鳥来で
1ベニサンショウクイ

タイワンキジ♂ 80cm キジ科 金門島でバスから 
2タイワンキジ

ヤツガシラ 28cm ヤツガシラ科 金門島で
3ヤツガシラ

タカサゴモズ 25cm モズ科(日本のモズより約5cm大きい。雌雄同色)金門島で
4タカサゴモズ

シロガシラ 18.5cm ヒヨドリ科 金門島で
5シロガシラ

カワビタキ♂ 13cm ツグミ科 鳥来で
6カワビタキ

クビワムクドリ 28cm ムクドリ科 金門島で
7クビワムクドリ

カササギ 45cm カラス科 金門島で
8カササギ

タイワンオナガ 34cm カラス科 台北で
9タイワンオナガ

ハッカチョウ 26cm ムクドリ科 金門島で
ハッカチョウ

ギンムクドリ 24cm ムクドリ科 金門島で
ギンムクドリ

  1. 2007/12/06(木) 15:39:13|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。