nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨシゴイ伝説

ヨシゴイは、葦原や湿地などに生息するので、「ヨシ原のゴイサギ」の意味で、江戸時代から「よしごい」と呼ばれていた。(蓮の花が咲く湖のある)新潟・下越地方の方言では「ゆうれいどり」とか「ばかどり」という。多くの男にだまされ自殺した娘がこの鳥に化けて夜な夜な男を待ち伏せする伝説にもとづく(大橋弘一「鳥の名前」東京書籍から)
ヨシゴイa

ヨシゴイb

ヨシゴイc

ヨシゴイd

スポンサーサイト
  1. 2007/08/15(水) 15:55:34|
  2. 野鳥

燕去り月

陰暦の8月は「葉月」だが、ツバメが帰っていく季節だから「燕去り月」という言い方もある。季節感ある表現だ。なのに、蓮の花が咲くこの湖では、ツバメは南へ帰る気配はなく、元気よく飛んでいた。念のため、陰暦の8月中旬は、新暦だと7月初め頃になる。
ツバメ①

ツバメ②

ツバメ③

  1. 2007/08/15(水) 15:46:53|
  2. 野鳥

チゴハヤブサ-トンボやセミも捕食する

チゴハヤブサは、漢字で稚児隼と稚児が付く通り、ハヤブサより小さく、およそハト大。ハヤブサは留鳥だが、チゴハヤブサは夏鳥として北海道から東北地方に飛来し、空中で小鳥のほか、トンボやセミなどの昆虫をキャッチする。
チゴハヤブサa

チゴハヤブサb

  1. 2007/08/15(水) 15:30:25|
  2. 野鳥

雲海の上! 別天地の鳥たち

雲海を下に見つつ、さらに上に行くと、涼気がヒヤっと身を包む。うだるような地上の炎暑地獄とは別の世界だ。水を求めてやって来る鳥たちも、心なしか元気よく鳴いている。また地獄に戻りたくない。そんな思いでシャッターを切った。

ルリビタキ(オス)
①ルリビタキ♂

ルリビタキ(メス)
②ルリビタキ♀

ウソ(オス)
③ウソ

キクイタダキ
④キクイタダキ

ホシガラス
⑤ホシガラス

メボソムシクイ
⑥メボソムシクイ

ヒガラ
⑦ヒガラ

  1. 2007/08/08(水) 10:50:19|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。