nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三ヶ月ぶりのカワセミです

菜の花を背に春爛漫のカワセミをアップしたのが4月27日。それから3ヶ月、久し振りに訪ねてみると、もう2番子がいました。親は子どもたちに餌を運ぶやら、3番子に備えて給餌求愛をするやら。与野党逆転の日、カワセミの世界も慌しいようで…。
カワセミ1

カワセミ2

スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 00:17:48|
  2. 野鳥

居眠り人間の悲しさ-ノビタキの巻

居眠り人間にとって何が怖いか。1枚目と2枚目は晴天だったのでISO100。そのあと10分間、うたた寝をしていたら、曇天に変わっていた。それを知らずに、「ノビタキが番(つがい)で来たぞ」の声で慌ててシャッターを切ったものの、ISOは100のまま(3枚目)。もっとISOを上げて絞り込まなくては…。
ノビタキ(オス)
ノビタキa

ノビタキ(メス)
ノビタキb

ノビタキ(つがい)
ノビタキc

  1. 2007/07/22(日) 21:50:09|
  2. 野鳥

目の悪い人間の悲しさ-ビンズイの巻

居眠りだけではない。目も悪い。ホオアカが行ったり来たりしていたので、てっきりホオアカだと思い込んで撮り、あとで再生して見たら、違う。ビンズイだった。目の良い人は肉眼で、しかも飛んでいる鳥さえも、ピシャリ正確に言い当てる。鳥友の一人が言った。「お前はその目でよく鳥の写真が撮れるな」…。
アオジ1

アオジ2

  1. 2007/07/22(日) 21:39:23|
  2. 野鳥

ツミの雛-罪とは関係ありません

すっかりボケてくると、鳥の名前が直ぐに出てこないが、ツミは、昔、一気に読んだドフトエフスキーの長編「罪と罰」の「罪」を思い出すようにしている。もちろん、ツミと罪は何ら関係ない。しかし、ツミをはじめ野鳥のヒナを見ていると、あまりにも可愛くて、あどけなく、これまで他人に迷惑を掛けてきたであろう自分の罪をつい忘れてしまう…。ツミは雀鷹の名前の通り、ワシタカの仲間では小さく、全長がオス27cm、メス30cm。ちなみにオオワシはオス88cm、メス102cmもある。
ツミ雛あ

ツミ雛い

ツミ雛う

  1. 2007/07/11(水) 00:30:29|
  2. 野鳥

縫いぐるみ! カイツブリの雛

産まれたばかりのカイツブリの雛。この日は、お母さんの背に3羽乗り、お父さんが餌の小魚を運んでくると、一斉におねだり。その仕草が可愛い。動く縫いぐるみのようだ。カイツブリは「(水を)掻きつ潜りつ」の略だとか、あるいはカイが「たちまち」、ツブリが水に潜る意味だとか。とにかく潜水が得意で15~20秒も潜っているそうだ。
カイツブリ1

カイツブリ2

カイツブリ3

カイツブリ4

  1. 2007/07/08(日) 22:43:21|
  2. 野鳥

フクロウの 雛を祝って 山笑う

俳句に「山笑う」という春の季語がある。初めて知ったのは、雪国の故郷で過ごした若い頃だった。長い冬が終わり、春が近づいてくる。すると、森や林の木の目が一斉に芽吹き出し、青葉、若葉に変わっていく。感動的である。まさに「山笑う」だった。野鳥たちが一番美しく見えるのは、やはりこの時期だろうか。そこで駄句を一つ…。
 フクロウの 雛を祝って 山笑う

 〈各写真は5月のストックから〉
フクロウ1

フクロウ2

  1. 2007/07/01(日) 21:38:05|
  2. 野鳥

来年、戻ってこいよ!アカゲラのヒナたち

アカゲラ、アオゲラ、コゲラなど「ケラ」が付くキツツキの仲間は、江戸時代以前までひとまとめに「てらつつき」「けらつつき」と呼ばれたが、そのほとんどはこのアカゲラだったとか。赤と黒と白のコントラストが実に綺麗な鳥である。アカゲラは毎年春になると、オスとメスがつがいになって巣をつくる。古い巣は自分で穴を掘ることができないシジュウカラやゴジュウカラに提供するとか。
〈各写真は6月のストックから〉
1アカゲラ1

1アカゲラ3

2アカゲラ1

2アカゲラ2

  1. 2007/07/01(日) 21:29:39|
  2. 野鳥

子育てご苦労さん!アオゲラ夫婦に感服

人間の世界では、育児放棄や幼児虐待のニュースにうんざり。だからこそ、夫婦交代で子育てに懸命なアオゲラの姿(写真は抱卵を交代するオスとメス)には頭が下がる。無事に育ってくれよと願うばかりだ。ところで、晩秋になると、森や林の中で、キツツキ類が木の幹をくちばし叩くドラミングの音が聞こえるが、木に穴をあけたり、皮を剥ぐのは、必ず虫におかされた木で、健全な木をつつくことはないそうだ。林業にとっては益鳥である。
〈各写真は6月のストックから〉
アオゲラ1

アオゲラ2

アオゲラ3

  1. 2007/07/01(日) 21:18:20|
  2. 野鳥

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。