nakaの野鳥大好きワールド

2004年春から鳥撮り開始 2006年8月にブログ開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モミジとサザンカとカワセミと

カワセミ君を真ん中に、左がモミジ、右がサザンカ。もうすぐ師走を迎える晩秋の一コマです。下の写真は小魚を銜えて、サザンカの下のほうへ寄ったところです。
HX8S1986.jpg

HX8S1952.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 20:33:14|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ミヤコドリのはずがハマシギに

荒波が襲う日本海の強風を緑濃い松林が防いでくれる。そんな風景の中で生まれ育ったせいか、時折、潮の香りがたまらなく懐かしくなる。その香りを求めて、東京湾の干潟へミヤコドリに会いに行きましたが、遠くを群れで飛び去っていくだけで、干潟には舞い降りてくれず、リベンジに失敗。代わって、日本全土でどこでも見られるハマシギでご勘弁を!
HX8S1583.jpg

  1. 2006/11/22(水) 17:32:31|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遠いですが、ミヤコドリです

ミヤコドリに会いに出かけましたが、なかなか干潟に舞い降りてくれず、たった1回のチャンスでした。しかも遠くて…。要リベンジなり。左側の1羽はダイシャクシギでしょうか。
HX8S1260.jpg

[遠いですが、ミヤコドリです]の続きを読む
  1. 2006/11/21(火) 17:57:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

田んぼを叩くからタゲリ?

水を抜いて乾いた田んぼにいるタシギを見ていると、嘴で土をほじってミミズなどを引っ張り出して餌にしているが、地面を叩いて引っ張り出すとも聞く。それでタゲリというのかと思っていたが、図鑑などの説明によると、田んぼにいるケリのことで、ケリと区別すためタゲリになったという。俳句ではケリは夏、タゲリは冬の季語だそうです(神奈川県で)。
HX8S1080.jpg

HX8S1098.jpg

  1. 2006/11/19(日) 01:14:37|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

魚を銜えて得意顔のカワセミ君

2日前に撮ったカワセミのピントがイマイチだと妻が言うので、取り直しに出かけてみると、いました。水に飛び込んで、捕まえた魚を料理中のカワセミが…。あまりに美味そうにしているので、こちらも腹の虫がグー。カワセミが飛び去ったあと早速、昼食に。
HX8S0508.jpg

HX8S0514.jpg

  1. 2006/11/17(金) 20:27:13|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紅葉が待ち遠しいカワセミ君

上を見ても、後ろを振り返っても、モミジの葉は新緑のようにみずみずしい。いつになったら紅葉するのだ、とカワセミ君が嘆いているかどうか。紅葉は今月末までお預けとか。地球温暖化も極まれり。
HX8S0311.jpg

HX8S0364.jpg

  1. 2006/11/15(水) 23:02:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サザンカとメジロ君

サザンカの花の蜜を求めてメジロは1羽やって来ました。笹の葉がなければもっと良かったのに、とつい思いたくなります。でもそれは人間の身勝手。申し訳ないメジロ君。
HX8S9988.jpg

  1. 2006/11/15(水) 22:53:33|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀髪のジョウビタキ君

昨日、木枯らし一番が吹いたというのに、一夜明けると、空は青く、穏やかな陽気。早速、出かけてみると、林の中にいました、ジョウビタキが…。頭が銀髪なので、これはオスでした。
HX8S9877.jpg

HX8S9964.jpg

  1. 2006/11/13(月) 20:33:11|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カワセミ君の「サザンカの宿}

「紅葉をバックにカワセミを」と思って出かけたのですが、モミジの葉はまだまだ緑。地球温暖化のせいでしょうか。代わってサザンカの花が綺麗に咲いていました。
HX8S8931.jpg

HX8S8968.jpg

  1. 2006/11/10(金) 18:55:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バック貴公子のキビタキ君

「僕、背中から見ても美男子、いな貴公子でしょう?」と得意げに語るキビタキ君でした。
HX8S8684.jpg

HX8S8678.jpg

HX8S7264.jpg

  1. 2006/11/08(水) 19:40:13|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉の中jのヤマガラ

かつて縁日でお御籤を引いていたヤマガラの姿が懐かしい。人懐こいその姿を思い出して、時々、手のひらに種子を乗せて呼び、じっと容姿を眺めたりする。写真は晩秋のひとコマ。
HX8S8064.jpg

HX8S8419.jpg

  1. 2006/11/07(火) 20:46:48|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今秋、初のジョウビタキです

キビタキを撮っていたら、突然、ジョウビタキ(メス)が現れて、すぐに去ってしまいました。ジョウビタキの名前の由来は、ヒッヒッという地鳴きが火打石を叩く音に似ていることからヒタキと呼ばれ、ジョウは「尉」と書いて老人のこと。オスの頭が老人のような銀髪の色をしているからだそうです。
HX8S7773.jpg

HX8S7771.jpg

  1. 2006/11/07(火) 00:06:10|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の植林家カケス

ドングリを地中などの貯蔵し、後で掘り出して食べる修正があるが、忘れるとそこから新芽がでるので、森の植林家といえないか。
HX8S7433.jpg

HX8S7337.jpg

HX8S7407.jpg

  1. 2006/11/05(日) 23:36:04|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

20日振りの鳥撮り-マヒワです

前立腺肥大と尿道狭窄症の手術を追えて退院したもの、狭窄症がひどかったため尿道に通した管は依然そのままですが、30分以上の車運転・乗車禁止が解かれたため久し振りに鳥撮りへマヒワ(上がオス、下がメス)ですが、距離が遠くて…(埼玉県で)
HX8S6882.jpg

HX8S6904.jpg

  1. 2006/11/04(土) 23:37:59|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2カウンター

プロフィール

naka

Author:naka
60歳の定年の年、近くの東京・野川を散歩中にカワセミを見たのがきっかけでデジカメ一式を揃え…。以来4年近く、楽しき哉、鳥撮り余生!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。